So-net無料ブログ作成

インフルエンザ予防接種 料金 2015 京都市 [ニュース]

今年(2015年)も、インフルエンザの季節になってきました。
今年はインフルエンザワクチンが値上げされたと聞き
「いったいいくらになるのやら」
と恐れていました。

京都市内で予防接種を受けた大人に聞いてみたところ
2900円
3000円
3500円
という感じでした。


スポンサーリンク




価格の違いはなぜでるのでしょうか?

予防接種は扱ってもあまり医者にとって旨味がないとか?
価格を高くすれば打ちにくる人が減って助かるとか
あるのでしょうかねぇ。


2015年のインフルエンザ予防接種は
「去年よりも痛い!」
という人もいました。


2015年は、
A(H1N1)亜型(インフルエンザ(H1N1)2009と同じ亜型)
A(H3N2)亜型
B型(山形系統)
B型(ビクトリア系統)
を加えた4種類が含まれたワクチン(いわゆる4価ワクチン)
が導入すれているようです。

痛みは、体液との浸透圧との関係で起きるようなので
もしかしたら種類が増えたことで体液との差が大きくなり
痛みが増したのかもしれません。

私はまだ今年は打っていないのでわかりませんが
かなりビビっています。
できれば打ちたくないほど・・・。
nice!(0) 

京都市の行き過ぎゴミ対策の「しまつのこころ条例」 [ニュース]

京都市がまたやってくれます!

京都市「しまつのこころ条例」。


納税者の負担ばかり増やしていっこうに暮らしやすくなりません。
ゴミの分別などは業者さんにお願いすればいいのです。

消費者の負担を増やさず、
ごみ処理の効率化を考える企業に助成金をだすとか、
仕事がない生活保護受給にゴミの分別そ仕事としてしてもらうとか
なんとなららないものでしょうか。

スポンサーリンク





ゴミなんて分別して置いておくスペースも時間もありません。

違反者はゴミを開封して個人を特定するってのもむちゃくちゃです。
その個人情報をどのように保護するシステムになっているのか
公開して欲しい。


手間は増える、スーパーで袋は有料になる、
ゴミの処理代は値上げする。

市民にはまったく何のメリットもないことばかり。

ゴミが増えるということは消費活動が活発になっていることなので
望ましいことだとは思うのですが、違うのでしょうか。


ゴミが面倒だから買わないって人は少ないかもしれませんが・・・。

レジ袋を活用すればゴミ袋をわざわざ購入する必要もないのに
無理やり指定のゴミ袋を買わせるのも納得いかないし。


お隣の向日市や長岡京市ではそんな条例はないらしい。












nice!(0) 

京都の市バスの対応が良くなってきた? [ニュース]

いつも京都市の批判ばかりしていますのでたまにはいい話。

以前、京都市バスの対応が悪い!
という記事を書きました。

京都の市バスの運転手はサービスであることを忘れている


最近、市バスを利用している人に聞くと
「ずいぶん丁寧になっている」
とのこと。


一部路線しか利用していないのでわかりませんが、
京都駅から出るバスについてです。

「まもなく揺れます」
とか
「発進します」
とか

上手い下手はあるにしろ、アナウンスが入るそうです。
少しはサービスに気を配るようになったのかもしれません。

京都市交通局は、萌キャラに頼らずに
原点のサービス向上に努めて欲しいと思います。

nice!(0) 

京都市の観光バス事情。後手に回る京都市。 [ニュース]

来なくてもいい中国人観光客増加で等の理由で
知恩院周辺に観光バスが違法駐車し問題となっている。

観光都市として誘致をしてきた京都市、
今まで何をしていたのでしょう。

もしかして想定外の増加ということなのでしょうか。



スポンサーリンク





近隣住民から警察があり東山署が取り締まりを強化しているそぷですが
住民の気持ちもはごもっともですが京都市としてこの対応はどうでしょう。

観光に来てくださっているのに、
その観光バスを警察が取り締まらないといけない状況になるとは。


岡崎公園のグランドを観光バスの駐車場に使えないのでしょうか?
この際、鴨川の河川敷も検討してもいいかもしれません。


これで東大路通の工事なんかをやっていたらえらいことになっていたでしょう。


京都市は宿泊施設も不足しているといわれています。
最近は町のあちこちに小さなゲストハウスが乱立していますが。


フォーシーズンズホテル京都もオープンするらしいですが、
高級ホテルに到着するまで渋滞に巻き込まれているようではネ。


nice!(4) 

第28回下鴨納涼古本まつり 京都の夏の風物詩 [ニュース]

ここ数年雨に祟られることの多い下鴨納涼古本まつり 。
今年は天候には恵まれていました。

ただ、下鴨神社がとち狂ってマンション建設をしているので
駐車場や駐輪場が使えないという不便もありました。


スポンサーリンク





第28回下鴨納涼古本まつり



さらに深刻なのは売られている本の質です。

20年以上通っていると思いますが

ここ数年、もしくはもう少し前から
駄本ばかりが出ている気がします。

あるいはず~っと売れずに毎年出続けてい本とか。


私の個人的な推測に過ぎませんが
原因はブックオフの台頭だと思います。


今や本を売ろうと思ったときに
まず思いつくのがブックオフではないでしょうか。
古本屋に売る人は作家や、研究者ぐらいかもしれません。

その結果、良書の仕入れができなくなっているのではないかと思います。
古書店主がブックオフに仕入れの買い出しに行くぐらいですから。

今年は岡潔の本を探しに行ったのですが
一冊も見つけることができませんでした。

数年前は何冊も目にしたのですが・・・。


三木清やトーマス・カーライルの全集なども見かけなくなりました。


ブックオフの弊害



今もそうかはわかりませんが、
ブックオフはド素人でも買い取りができるように
外観と出版年月の新しさを基準にしています。

ですから古くて少し傷んだ良書などは買い取りません。
そうなると処分されてしまいます。


ブックオフも目利きが切る人を要請して
店頭でそのような書籍も販売すてばいいのですが
難しいのかもしれません。


近隣のブックオフを見ていても
どこも経営が厳しそうに思います。

昔に比べて売値が高く設定されている本が増えています。
100円コーナーで掘り出し物を見つけることはほぼなくなりました。


古本の今後



購入者としてはネットに頼るしかなくなりました。
現物が見られないのが欠点ですが
探せばたいがいの本は見つけることができます。







nice!(1) 
広告スペース
Copyright © 京都嫌いの京都萬雑記帳 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。