So-net無料ブログ作成

第28回下鴨納涼古本まつり 京都の夏の風物詩 [ニュース]

ここ数年雨に祟られることの多い下鴨納涼古本まつり 。
今年は天候には恵まれていました。

ただ、下鴨神社がとち狂ってマンション建設をしているので
駐車場や駐輪場が使えないという不便もありました。


スポンサーリンク





第28回下鴨納涼古本まつり



さらに深刻なのは売られている本の質です。

20年以上通っていると思いますが

ここ数年、もしくはもう少し前から
駄本ばかりが出ている気がします。

あるいはず~っと売れずに毎年出続けてい本とか。


私の個人的な推測に過ぎませんが
原因はブックオフの台頭だと思います。


今や本を売ろうと思ったときに
まず思いつくのがブックオフではないでしょうか。
古本屋に売る人は作家や、研究者ぐらいかもしれません。

その結果、良書の仕入れができなくなっているのではないかと思います。
古書店主がブックオフに仕入れの買い出しに行くぐらいですから。

今年は岡潔の本を探しに行ったのですが
一冊も見つけることができませんでした。

数年前は何冊も目にしたのですが・・・。


三木清やトーマス・カーライルの全集なども見かけなくなりました。


ブックオフの弊害



今もそうかはわかりませんが、
ブックオフはド素人でも買い取りができるように
外観と出版年月の新しさを基準にしています。

ですから古くて少し傷んだ良書などは買い取りません。
そうなると処分されてしまいます。


ブックオフも目利きが切る人を要請して
店頭でそのような書籍も販売すてばいいのですが
難しいのかもしれません。


近隣のブックオフを見ていても
どこも経営が厳しそうに思います。

昔に比べて売値が高く設定されている本が増えています。
100円コーナーで掘り出し物を見つけることはほぼなくなりました。


古本の今後



購入者としてはネットに頼るしかなくなりました。
現物が見られないのが欠点ですが
探せばたいがいの本は見つけることができます。







nice!(1) 
共通テーマ:ニュース
広告スペース
Copyright © 京都嫌いの京都萬雑記帳 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。